あまたある脱毛サロンの中から、悩みに悩んで選んだのがピュウベッロです。

コース内容はもちろんですが、新宿や渋谷などのゴミゴミした感じではなく、表参道の駅からすぐという通いやすいのにおしゃれな立地にも惹かれて、恐る恐るではありましたが行ってみました。
まず、大きな通りに面したごく普通の入りやすいビルの中にあったのが良かったです。

エレベーターを降りると、とても静かな感じの雰囲気のお店でした。希望 していたのは予算的にも脇の脱毛だけだったので、ほかにいろいろと勧誘されないかドキドキしていたのですが、そういった押し付けがましい感じは一切なく、 それも通いやすかった理由の一つです。
コースを決めて処理を始めてからは、行くたびに次回の予約をするという方式でした。

ピンク系で整えられた、カーテンで仕切られたベッドのあるブースに案内 されたら、そこでタオル地のローブに着替えて、着替え終わったら担当の方を呼び、処理をしてもらうという流れでした。

思っていたよりも淡々とした感じで、 やたらに話しかけられたりということもなく、そういう点でも居心地が良かったです。
肌に負担がかからないように期間を置きながらだったので2年近くかかったと思いますが、肌荒れなどを起こすこともなく、きれいになりました。
勧誘やおしゃべりなど、よけいな要素がまったくないのがとにかく良かったです。

●Iラインのフィールドはどの辺からどの辺までなのかについて

Vラインは、正面から見て目視できる部位と思えば間違いないですが、Iラインは、ヴィジョンしづらいという人が多いと思います。
Iラインのフィールドは、Vラインの付け根の付近から、アヌスの根元の付近までをさし示していることが通常です。ついでに言うと バギナのメイン付近の粘膜などは放光は不可能です。

脱毛サロンやエステでは、この粘膜部位は放光が不可能なため無駄毛が多い人は納得できないかもしれないですね。
その際は、クリニックに問い合わせて見ると良いでしょう。

●Iライン脱毛時に気になることについて
メンス中は当然Iラインの脱毛は無理です。
では、こしけが沢山でる時はどうしたら良いのでしょうか?
これについては、オペ前にトイレなどで拭い去っておくことでいくぶん抑制できます。拭き掃除は、トイレットペーパーではなく赤ん坊のウエットティッシュのような、クズが出ない小奇麗で耐久性に優れた紙を推奨します。

トイレットロールは溶解しやすく、ヴァギナに紙のクズが残存している方が不面目なので極力使用しない方が安全です。
(本当にクズを保持したままの人は予想外に結構いるそうです)

私のビキニライン

| 未分類 |

特殊なことはしていない。ただついでに剃るだけ。。。
なんてことない日常のルーティーン。ささやかな楽しみ。
最初のキッカケは、彼氏の為だった。
あそこを彼が舐めるので、綺麗にしておこうと思ったのだ。
それが、一度剃ると、生えてきた毛がチクチクしてダメだ。
だから、毎日剃っていた時もあった。
でも毎日剃ってもいられず、たまにほったらかしにしたり、
デリケートなあそことは感覚で相談しつつ剃っていた。
剃ったあとは必ずクリームを多めに塗る。薄い粘膜みたいな感覚だからケアはしっかり。
ある時ビキニラインの上のあたりに赤いぶつぶつができてしまった。
なんとあそこの臭いもなんだかいつもより強くて変だ。
お医者さんに診てもらったら、カミソリで肌が傷ついたことにより、荒れてしまったそうだ。
それから、剃ることはやめて、ヒッピーみたいに生やしっぱなしにしたりもした。
臭いも消えて赤みのトラブルもなくなった。
でもビキニライン自体が荒れることは今までない。そこ自体をあまり剃らないというのがポイントみたい。
一回剃ったらすぐ生えてこないし、(チクチクはなるけどそこは彼氏とうまく掛け合って(笑))
なにより、ビキニラインを剃ることへのポジティブな思いが関係しているのかもしれない。
そして剃ったことに対するエロスが自分をムラムラさせてくれたりもするから一石二鳥。
なんてことは冗談みたいだが、3割本気で、楽しくやったことっていうのは悪い結果にはならない。
ビキニラインは鏡でも置かないと見えないから、手探りで剃る。
最初はどうだったか忘れてしまったけれど、きっとそろりと緊張したんだろう。
でも最高のエンターテイメントだ。
お風呂場のひっそりとした遊び。
チリチリの毛がお風呂の床に飛び散る。
泡でちゃんと周りをぬるぬるさせてから。
一本も残さないでそれたことなんてないのだ。
そして、それで臭いが出たこともない。なぜかビキニラインは最強だ。
それが私のビキニライン。

夏になると特に気になるビキニラインのスキンケアについて、私はお風呂タイムでのセルフケアが基本です。
もともとかなり剛毛タイプですが、数年前 に脱毛サロンで何度がレーザーをやったので、人並みくらいの濃さになっていると思っています。本当はレーザーで日々のお手入れが不要になるくらいまで処理 したかったのですが、結婚や出産のタイミングでサロン通いができなくなってしまいました。ただ、数回のレーザーでも多少は薄くなっているので、現在はプー ルや海に行く時など露出がありそうなイベントの前と、普段は週に1〜2回程度のお手入れです。
お風呂でのセルフケアのやり方は、カミソリだけでな く脱毛クリームや脱毛シート等もいろいろ試しましたが、現在は普通にボディソープを使ってカミソリでの処理に落ち着きました。ビキニラインは腕や脚と違っ て肌が薄く敏感な部位な上に、もともと肌が弱い体質なので、クリームやシートは荒れてしまうことが多く使うのはやめてしまいました。カミソリの刺激から肌 を守り、滑りもよくするシェービングジェル等についても、安価なものから高価なものまで複数試しましたが、結局ボディソープでも変わらないという結論に至 りました。専用のものを使った方がよいという意見もよく耳にしますが、私は普通のボディソープで全く問題ないです。
以上、私のビキニラインの脱毛方法のご紹介でした。

今までに腕や足などの脱毛を行ってきました。
VIOの部分は脱毛する必要なんてないと思っていました。夏に友達と海へ行ったときに水着を着たのですが、 VIOの毛の処理をしていないことに気がつきました。いつもそんなところは処理などしないので忘れてしまっていたのです。その日は気になっておもいっきり 遊ぶことができませんでした。
後日その話しを友達にすると、友達はVIOの脱毛をしていると言っていました。

脱毛うれしい
しかもその友達だけでなく、他の友達もしてい ることがわかったのです。
みんながその部位を脱毛しているだなんて知りませんでした。

みんながしているので私もしてみようという気になりました。
腕や足の 脱毛はしたことがあったので、VIOの脱毛は相当痛いのだろうと覚悟をしていました。しかもスタッフのかたにその部位を見せなければならないのでとても恥 ずかしいだろうと思っていました。

スタッフの方はそのことをわかっているのか、私が緊張しないようにたくさん声をかけてくれました。

また痛いと思っていたのですが、想像していたよりも痛くありませんでした。
終わってみるとすっきりとしていましたし、夏は蒸れることがないなと思いました。衛生的にもVIOの 脱毛はしたほうがいいのだと感じました。